入学式

対面式
○札南の一年

 4月に新入生が入学して、賑やかな雰囲気に包まれながら札南の一年は始まります。授業や試験の合間を縫って運動行事(春は遠足、秋と冬は球技大会)や南高祭などの生徒会行事や見学旅行(2年)、宿泊研修(1年)など友人たちと触れ合う楽しい時間を過ごします。
そして、3月の卒業の時期を迎えると、皆、一年の節目に気を引き締めつつ、新しいステップへと歩み始めます。
高体連壮行会

校内実力テスト
(1、2年)
第1回定期考査
春の生徒会行事
校内実力テスト
(3年)
○山田幸太郎校長と学校林

山田幸太郎は、本校第7代目の校長として明治41年に着任以来、昭和12年の退職まで、明治、大正、昭和の実に29年に渡り、現在の”札南”の基盤を作ったとされています。明治44年に設置された「学校林」は山田の発案とされ、面積約121ha(札幌ドーム約22個分)の広大な敷地では、これまで毎年のように生徒の手による管理作業(枝打ち、下草刈り等)が脈々と続けられております。
南高祭

夏季休業

夏期講習
学校説明会
学校林作業(1年)
第2回定期考査
秋の生徒会行事
生徒会長選挙
開校記念日

校内実力テスト
(1、2年)
○生徒会活動・クラブ活動

”札南”では生徒会活動・クラブ活動も盛んに行われています。特にクラブ活動は、全校の8割以上の生徒が参加しており、学校生活のもう一つの柱となっています。クラブ活動においても「自主自律」の精神は尊重され、それぞれの目標に向かって積極的な活動が展開されています。また、生徒会は毎年7月に開催される、最大の生徒会行事「南高祭」を始め、球技大会などの運動行事の実施等、生徒の校内活動全般をサポートしています。これらの活動を通して、生徒は授業だけでは決して学べない、多くのことを学び、成長して行きます。
校内実力テスト
(3年)
見学旅行
(2年)
第3回定期考査
冬季休業

冬期講習
○六華ゼミ

本校の同窓会・六華(りっか)同窓会の全面協力により「総合的な学習の時間」のプログラムとして年間10回ほど開催されています。各界で活躍されているOBを講師にお招きし、それぞれの職場で感じておられることなどをお聞きします。
医療、法曹、政界、中央官庁、マスコミ、メーカー等、各業界の方々のお話は、進路選択の際の参考になると、大変好評です。
インターンシップ
(1年)
校内実力テスト
(1、2年)
宿泊研修
(1年)
第4回定期考査
卒業式

冬の生徒会行事