学校林

所在地
札幌市清田区有明37番地および38番地ならびに真栄567番地および真栄58番地にあり、本校から南東方向に約18KM離れたところに位置している

面積
約121ha

樹種
カラマツ(71%) トドマツ(23%) アカエゾマツ(1%) エゾマツ(1%) その他(4%)

歴史
大正天皇が皇太子時代の明治44年2月、札幌南高の前身である札幌中学校に来られた際の記念事業として、当時の校長(山田幸太郎校長)が「植林」を発意し、道庁、札幌市庁との折衝の結果、同年10月、土地購入の許可が出て、学校林が誕生した。
翌年(明治45年)に第1回植林を実施し、それ以降今日に至るまで、毎年、植林・補植・下草刈りなどを行ってきている。
昭和31年に財団法人北海道札幌南高等学校林として学友会より継承し、平成23年に一般財団法人に移行した。

現状
生徒は、全日制・定時制を問わず、在学中に現地での管理作業を行っている。また、同窓会が毎年、「春の散策会」を主催し、同窓生が学校林の素晴らしさを再認識する場を設けている。さらに、財団内の企画活動委員会が、春、秋、冬に同窓生と在校生を集めて様々なイベントを実施している。

表彰
過去に数々の賞を受賞しているが、最近では、平成18年度全日本学校関係緑化コンクール学校林等活動の部特選(農林水産大臣賞)、平成25年度緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰を受賞した。