本文へスキップ

札南ニュース

合唱部 さっぽろスクール音楽祭 平成30年11月11日

 本校合唱部がKitara大ホールで行われた、さっぽろスクール音楽祭に出演しました。15人と少人数ながら、6つのパートに分かれる合唱にチャレンジしました。繊細なハーモニーと、伸びやかな歌声で、人数以上のスケールの大きい合唱になりました。今後は、12月の校内クリスマスコンサート、福祉施設での慰問コンサート、そして3月22日金曜日教育文化会館小ホールでの定期演奏会に向けて活動していきます。


美術部 スクールアートライブ 平成30年11月10日〜11日

 本校美術部と有志生徒が11月10日(土)、11(日)の2日間、札幌駅地下歩行空間で行われたスクールアートライブに参加しました。「札幌市時計台」という共通テーマから「時計台世界周遊記」と題して、改修工事を終えた札幌時計台がトランスフォームしたロボットになって札幌市のPRをしたら・・・という世界を表現しました。制作中はたくさんの方に応援していただき、本当にありがとうございました。市内6校の高校が180p×270pのパネルに制作した作品は、11月25日(日)まで札幌駅地下歩行空間・憩いの空間に展示されています。


読書体験記コンクール最優秀賞 平成30年11月5日

 北海道高校生読書体験記コンクールの審査結果が10月31日に発表され、1025編の応募の中から最優秀賞に本校2年古館旦陽君の「きのう、隣人に語りかけたこと」が選ばれました。写真は11月5日に本校校長室で行われた授賞式の様子です。古館君は自宅にあった三浦綾子さんの小説「銃口」を偶然手に取り、6年間にわたって何度も読み返した体験を紹介しました。古館君は同じ本を読み返すたびに新たな発見があり、自分の成長の糧にもなると説いています。


美術館での作品鑑賞 平成30年10月31日

 1、3年生の美術選択者を対象として、mima三岸好太郎美術館での鑑賞授業を行いました。美術館ではまず自由に作品を鑑賞し、自分が印象に残った作品を選んだ後、学芸員の方から解説をして頂きました。インターネットや図書から様々な情報を得られる今、実際の作品に触れることで、作者の心情や制作に対する意図について考える機会となりました。


見学旅行(最終報告) 平成30年10月29日〜10月30日

 見学旅行は、京都・奈良でも天候に恵まれた旅程となりました。京都を中心とした関西自主研修は、丸1日与えられた時間をめいっぱい使い、充実した研修となったようです。京都の古寺やショッピング、グルメなど、生徒は思い思いに楽しみ、無事に時間通り帰館しました。また、最終日は、午前中、奈良公園を中心に巡りました。旅行最終日で疲れもたまっている中、東大寺の大仏に大いに驚き、真剣にガイドさんの話を聞く姿に、彼らの知的好奇心を深く感じました。旅行団は、午後飛行機を乗り継ぎ、無事に新千歳空港に到着、その場で解散となりました。充実した1人1人の顔が印象的でした。5日間を通して、一生の思い出となる見学旅行となったようです。



薬物乱用防止教室 平成30年10月29日

 10/29(月) 5・6校時に、1学年を対象として薬物乱用防止教室を実施しました。 北海道警察本部より石崎隆之さんを講師にお迎えし、近年、大きな社会問題となっている危険ドラッグなどの薬物の実態や、薬物依存の怖さ、誘惑の手口や対処法等についてわかりやすくお話ししていただきました。実際の写真やDVDを交えながらのご講話に、生徒たちは真剣な眼差しで聞き入っていました。今回の講演を通して、どんな誘いがあっても断れる強い意思と態度を身につけることが何より大切であることをあらためて学びました。


見学旅行(中間報告) 平成30年10月26日〜10月28日

 10月26日(金)に2学年は見学旅行に出発しました。1日目は新千歳から飛行機で福岡まで移動したのち太宰府天満宮を見学し、その後長崎で被爆者体験講話(写真上段左)を聴講しました。2日目は、長崎平和公園で平和セレモニー(写真上段右)を行った後、原爆資料館を見学し、午後からは班ごとに長崎の自主研修を行いました。3日目は博多駅から新幹線にて京都へ移動し、三十三間堂と清水寺(写真下段右)を見学しました。ここまでの旅程は計画通り順調に進んでおり、天候にも恵まれてよい研修ができております。4日目は関西自主研修を行い、5日目は奈良公園を見学後、札幌に戻ります。



外務省高校講座 平成30年10月25日

 外務省大臣官房広報文化外交戦略課主査の柳楽昌宏様に来校いただき、外務省高校講座を行いました。@外務省の仕事、A日本外交、B海外渡航時の留意点、C外務省職員になるには、D英語の学習法について、日頃の業務や海外勤務時の体験を交えながら、ご講演いただきました。講演終了後には南沙諸島についての熱を帯びた質疑があり、有意義な時間となりました。


大学の講義体験 平成30年10月18日

 北海道大学、立命館大学、西南学院大学から10名の講師をお招きし、1年生を対象に出前講義を実施しました。この講義体験は学問研究の一環として、様々な学問分野の魅力を感じることを目的として2年前から実施しています。北海道大学の網塚浩先生の講義(テーマ「絶対零度の世界」)では、液体窒素を用いて、風船に閉じ込めた様々な気体の体積や状態変化を見たり、冷却した超伝導物質のマイスナー効果と呼ばれる現象を観察したりしました。網塚先生は物性物理学という分野の研究がノーベル賞の候補に挙がっていることに触れ、この分野の可能性や魅力を本校生徒に発信してくださいました。


学校林 森づくり活動 平成30年10月16日

 本校学校林の健全な育成のため、本校1年生による「森づくり活動」が行われました。今年は台風などで雨の日が多く、当日の実施が心配されましたが、幸いにもこの日は晴天に恵まれ無事に作業を行うことができました。生徒達はクラスごとに割り当てられた場所の笹刈り等を仲間と協力して行い、慣れない作業に緊張しながらも一生懸命に取り組んでいました。高校生活3年間のうち、わずか1日の森づくり活動でしたが、生徒達にとって仲間との協働意識・一体感・自己有用感をしっかりと味わい、伝統や自然、そして仲間を大切にする意識を高めることができた貴重な体験となりました。


PTA研修旅行 平成30年10月12日

 PTA研修旅行が行われ、本校の保護者59名が参加しました。今年度の研修旅行先は増毛町で、現地の観光ボランティアガイドの方にご案内をいただき、國稀酒造、旧商家丸一本間家、厳島神社を見学しました。あいにくの雨模様ではありましたが、終始和気あいあいとした研修旅行となりました。


定時制通信制生活体験発表全道大会アトラクション 平成30年10月10日

 本校合唱部が教育文化会館小ホールで行われた定時制通信制生活体験発表全道大会のアトラクションに出演しました。ポップスを中心とした30分ほどの演奏に大きな拍手が上がりました。今年度の合唱部は、NHKコンクール札幌地区大会で銀賞、北海道合唱コンクールで銀賞を受賞しました。コンクールシーズンが終わり、これからはコンサートの出演が活動の中心となります。10月21日に教育文化会館で行われる市民合唱祭、11月11日にキタラで行われるスクール音楽祭に出演する予定です(いずれも入場料無料)。


図書館報コンクール8連覇! 平成30年10月5日

 第40回全道高校図書研究大会(道高文連主催)が札幌市教育文化会館で開かれ、全道から41校が応募した図書館報コンクールでは、本校図書局が8年連続の最優秀賞に選ばれました。
 本校の図書館報である「四面書架」を下のリンクからご覧になることができます。

「四面書架57号」(2017.12.19発行) PDF形式
「四面書架58号」(2018.03.19発行) PDF形式
「四面書架59号」(2018.04.20発行) PDF形式
「四面書架61号」(2018.07.20発行) PDF形式
「四面書架62号」(2018.09.19発行) PDF形式


東大直前セミナー 平成30年10月5日

 東大受験を考えている3年生を対象に、入試を突破するためのセミナーが行われました。合格者最低点の推移、模試の結果から見る合否別成績状況など様々なデータに基づいて具体的な受験戦略についてのお話がありました。生徒たちが各自の模試の結果と各種データを照らし合わせたり、資料にメモをしたりしながら、熱心に耳を傾ける様子が見られました。今はまさに受験に向けて実践力を高めていく時期です。本校生徒たちのこれからのがんばりに期待しています。


平和学習 平成30年10月4日

 内戦が続くシリアから避難した経験をもつアッスィー=アルガザリさんをお招きして、2学年を対象に講演会を行いました。2クラスずつに分かれて氏の講義に参加しました。スライドや動画を交えたプレゼンテーションから始まり、その後、グループになって感想を話し合い、質疑応答を行いました。落ち着いた静けさの中、シリアから日本に来られた氏の半生が、中東の情勢とオーバーラップして語られ、生徒は真剣な表情で、氏の講演に聴き入りました。見学旅行で長崎を訪れる前に、過去の話ではない、現代の世界に突きつけられた人類が直面する重要な課題として、「平和」というものを捉え直す、貴重な機会となりました。


過去の札南ニュースをご覧になりたい場合は、こちらからどうぞ。
平成30年9月分
平成30年7〜8月分
平成30年6月分
平成30年5月分
平成30年4月分


校舎写真

information学校情報

北海道札幌南高等学校

〒064-8611
札幌市中央区南18条西6丁目1-1
TEL.011-521-2311
FAX.011-521-2316
→アクセス