本文へスキップ

札南ニュース

第6回校内研修会 令和2年3月13日

 新型コロナウイルス感染症対策で休校中ですが、本校教職員を対象に校内研修会を実施しました。今回のテーマは「タブレットPCの授業での活用について」です。本校では生徒用タブレットPCを42台導入し、新年度から授業、総合的な探究の時間、部活動など様々な場面での活用を考えております。さらに昼休みや放課後の時間は、図書館で生徒に貸し出すため、調べ学習や資料の作成などに活用することもできます。今回の研修会は授業や探究活動などでの活用を想定して、本校教職員が実際に授業用アプリケーションを使用し、それぞれの授業のどんな場面で活用できるかをイメージする目的で行われました。研修会終了後も残って操作や質問する先生方もいるほどで、新年度からの授業改善に熱心に取り組んでおります。


第70回卒業証書授与式 令和2年3月2日

 第70回卒業証書授与式が行われました。北海道知事による新型コロナウィルスの緊急事態宣言を受け、卒業生のみの参加となりました。式辞の中で、廣田校長先生は3年間の生徒の頑張りを讃え、「今日の日があるのは、(今日参列が叶わなかった)保護者の方の励ましと支えがあったからこそです。卒業証書に記された素晴らしい名前は、我が子に対する愛情と期待が深く込められています。今日、家に帰ったら「ありがとうございます」の言葉を贈ってください。」と、思いを述べました。式中には卒業生からのサプライズ企画もあり、厳しい状況のなか卒業式を行う判断をした廣田校長先生には感謝状、今年度で退職する教職員には花束がそれぞれ卒業生から贈呈されました。卒業生にとっては一生の思い出となった、最高で感動的な一日でした。




栗林育英学術財団研練褒賞、六華同窓会顕彰表彰 令和2年2月28日

 卒業式に先立ち、校長室において栗林育英学術財団研練褒賞、及び六華同窓会顕彰表彰(3年生分)が行われました。今年度は、新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、卒業式の出席者抑制と時間短縮が要請される中での表彰となりました。受賞生徒は、努力が実を結び、感無量といった表情で喜びを噛みしめていました。今年度の六華同窓会顕彰(3年生分)は、団体2組(図書局・漫画アニメ研究部)・個人2組に授与されました。
栗林育英学術財団研練褒賞:303野呂若葉さん
六華同窓会顕彰(個人):301齊藤ゆずかさん・301清水将也さん


学校保健委員会 令和2年2月26日

 今年度の学校保健委員会が行われました。学校・生徒の心身の健康を守り、安全・安心を確保するため、校長先生をはじめ養護教諭等の教職員、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、保護者代表の方などが一同に集い、活発な議論が交わされました。今年度は、連日報道されている「新型コロナウイルス感染症」対策についてが話題の中心となり、今後は、学校においても、咳エチケット等の徹底を図る等、感染をできる限り抑える対策が重要になるということを再確認しました。いただいたご意見、ご助言につきましては、今後の教育活動に生かしていきたく思います。


1学年 インターンシップ報告会 令和2年2月20日

 1学年を対象に、第1体育館でインターンシップ報告会を実施しました。本校では1学年の希望者を対象に冬休み期間中にインターンシップを実施しています。今年も28名の生徒が、法律事務所や病院、広告代理店、テレビ局、大学研究室などを訪れ、職場体験や研究体験を行いました。今回はその報告会で、報告者は2名で1つのブースを作り、その他の生徒がブースを囲んで報告を聞くスタイルで実施しました。どの報告者も発表の準備を入念に行っており、自分の経験を短時間でわかりやすく伝えることができました。報告を聞く側の生徒達も、同じ学年の生徒の報告に関心を持って聞いており、質問タイムには収まらないほどの質問が出ていました。


第3回学校評議員会 令和2年2月20日

 今年度最後の学校評議員会が行われました。多岐にわたるご要望・ご意見を賜り、本校に対する期待の大きさを感じました。いただいたご意見・ご助言については、今後の教育活動に反映させるとともに学校改善・活性化に役立てていきたく思います。評議員の皆様、1年間ありがとうございました。


2学年 探究活動発表会(総合的な学習の時間) 令和2年2月14日

 2学年の総合的な学習の時間で、探究活動発表会を行いました。2年生は1年間をかけてグループ毎に探究活動を行ってきました。探究のテーマは春から夏にかけて各グループで設定し、夏休み明けからは実際に各テーマに沿った活動に取り組み、年が明けてからは発表の準備まで整えてきました。発表ではこれまでに得られた成果を伝えるだけではなく、新たな発見や課題、うまくいかなかった原因をしっかりと考えて発表するグループが多くありました。


1学年 ディベート(総合的な探究の時間) 令和2年2月14日

 1学年の総合的な探究の時間で、ディベートを行いました。論題は「定期考査は廃止すべきか否か」「友人は多ければ多いほど良いか」「消費税はもっと上げるべきか否か」などのいくつかのテーマから各HR担任が選びました。どのグループでも仲間と協力して相手の主張をどう崩すか必死に考え、白熱した討論を展開していました。


宿泊研修 3日目 令和2年2月12日

 宿泊研修3日目は、寒さは少し和らいだものの、ときどき雪が降るなかでの研修となりました。3日目も生徒は元気いっぱいで2日間の疲れも見せずに、午前中の自由滑走を楽しみました。3日間を通して、体調不良、大きなけがもなく全員が無事に学校に帰着しました。2月13日(木)は1年生は振替休日となります。




宿泊研修 2日目 令和2年2月11日

 宿泊研修2日目もけが、体調不良もなく順調に研修が行われました。気温は少し低めでしたがこの日も快晴に恵まれて、班ごとのスキー研修を終日楽しみました。見学者の研修プログラムではバウムクーヘンを炭火で焼き上げ、見た目も味もうまく仕上げることができたようです。





宿泊研修 1日目 令和2年2月10日

 1年生が楽しみにしていた2泊3日の宿泊研修が始まりました。朝の9時に学校を出発した一行は、昼に星野リゾートトマムへ到着し、スキー研修の開講式を行いました。班ごとに1名ずつインストラクターが付いてのスキー研修は、天候にも恵まれて、滑走を楽しむことができたようです。





ダンス部 バレンタイン公演 令和2年2月7日

 本校ダンス部が第2体育館でバレンタイン公演を開催しました。当日は保護者の方も含め150名以上の方が観覧くださいました。1,2年生だけの出演でしたが、HIP-HOP、JAZZ、LOCKの3ジャンルだけの発表にとどまらず、様々な表現方法に挑戦した2時間でした。



"北方領土を考える”高校生弁論大会 令和2年1月18日

 第34回”北方領土を考える”高校生弁論大会が1月18日、札幌エルプラザで開かれ、本校1年生の二階堂萌子さんが北海道知事賞(優秀賞)を受賞しました。この弁論大会には全道各地の10校120人の応募の中から書類選考で選ばれた10名が出場しました。制限時間7分で、自らの経験に調べたことなどを交えて自分の意見を述べるもので、その内容や、表現法を競いました。二階堂さんは、最優秀賞の木村琴湖さん(根室高)と、3月中旬に総理大臣を表敬訪問する予定です。


過去の札南ニュースをご覧になりたい場合は、下のバナーをクリックしてください。


校舎写真

information学校情報

北海道札幌南高等学校

〒064-8611
札幌市中央区南18条西6丁目1-1
TEL.011-521-2311
FAX.011-521-2316
→アクセス