本文へスキップ

札南ニュース

講演「パレスチナ医療・こども支援から見える『難民問題』」(live in Library)
令和元年12月6日

 本校図書館において、「北海道パレスチナ医療奉仕団」団長であり医師の猫塚 義夫さんによる講演が行われました。猫塚さんは、本校有志団体「南高祭×難民問題」が学校祭で設置したメッセージボードをパレスチナガザ地区の中学校に届けてくれた方です。(札南ニュース10月27日に掲載)
 ガザ地区の現状、10月から11月にかけて行われた「第13次医療・こども支援活動」について、現地の若者たちとの交流についての猫塚さんのお話に、生徒たちは熱心に耳を傾けていました。講演を聞いた有志団体代表の西藤陸君は、「『難民支援とは。』『人間の尊厳とは。』パレスチナの悪化する現状に立ち向かう猫塚先生の言葉には一つ一つ説得力がありました。『まずは知るところから。彼らを知ることが彼らを支える。』その言葉を信じて、生活の1%でも彼らの存在を思う人が周りに増えてほしい。そのために私はできることをしたいと改めて思いました」と感想を述べていました。
 後日、猫塚さんから「札幌南高校の皆様の難民問題にかける思いの誠実さに感動しました。私の敬愛する中村哲医師の言葉、『武器ではなく命の水を』『小さな希望でも実現することに力を尽くす』を送ります。皆様のご健闘を願っています。」とのメッセージもいただきました。


出版前の小説を読み合う読書会を開催 令和元年12月3日

 12月3日(火)13時から、升井純子さんのYA小説「ドーナツの歩道橋」を、本になる前のゲラ刷りで読み合う異例スタイルの読書会が行われました。この小説は、高校一年生の少女・麦菜が主人公の、家族の介護をテーマにした作品で、南高校近くの菊水歩道橋が舞台のモデルになっています。(2020年3月にポプラ社から刊行予定)
  読書会は図書局メンバーを中心とした札南生11名、作者の升井純子さん、道内の児童文学作家4名が参加しました。作品の感想だけでなく、「将来の自分の家族のあり方を考えるきっかけになった」などの発言や「児童文学で〈希望〉を描くこととは」といった話題にも発展しました。高校生と作家の対話により、それぞれが新たなテーマを見つけることができました。新しいかたちの読書会は、すべてが新鮮で〈未来〉を感じることのできる会でした。

北海道新聞 令和元年12月4日掲載 北海道新聞社許諾D1912-2012-00021881
上の画像をクリックすると、拡大してご覧になることができます。

有島青少年文芸賞で優秀賞を受賞 令和元年12月4日

 第57回有島青少年文芸賞(主催:北海道新聞社)で本校の斉藤ゆずかさんが優秀賞を受賞し、北海道新聞紙面で紹介されました。斉藤さんの小説「ながめふる」は選考委員の推薦を受けて、同日の新聞紙面で全文が掲載されました。下のリンクからも作品をご覧になることができます。

北海道新聞 令和元年12月4日掲載 北海道新聞社許諾D1912-2012-00021877
上の画像をクリックすると、拡大してご覧になることができます。

小説「ながめふる」の全文は以下からご覧下さい。
「ながめふる(前半)」「ながめふる(後半)」


高校生東南アジア小論文コンテストで優秀賞を受賞 令和元年11月20日

 第3回高校生東南アジア小論文コンテスト(主催:神田外語大)で本校の内田結子さんが優秀賞を受賞し、北海道新聞紙面で紹介されました。 2年生の地理Bの授業内で教科担任がコンテストを紹介したところ、13名の生徒が提出し応募しました。内田さんは全国から2000を超える応募があった中から優秀賞に選ばれ、本校も学校奨励賞を受賞しました。

北海道新聞 令和元年11月19日掲載 北海道新聞社許諾D1911-2011-00021822
上の画像をクリックすると、拡大してご覧になることができます。


『世界津波の日』2019高校生サミットin 北海道の記念植樹で用いた苗木を本校へ移植
令和元年11月13日

 サミットの終了後に参加各校に贈呈されることになっていた記念植樹で用いた苗木が届きました。サミットに参加したESS部生徒4名により、記念の苗木は本校校庭に無事植樹されました(苗木:エゾヤマザクラ2本 国名プレート:イタリア、チリ)。


『世界津波の日』国連啓発イベント開催 令和元年11月5日

 国連が定める「世界津波の日」である11月5日に、津波防災への意識向上に向け、国連防災機関(UNDRR)や国連日本政府代表部等の共催による啓発イベントが国連本部(米 ニューヨーク市)で開催されました。国連からの招へいを受け、日本代表として道内から4名の高校生が派遣され、本校からは2年生のプラート・アルヴィン君が参加しました。大役を果たし帰国したアルヴィン君は、「今回の貴重な経験を生かし、若い世代を代表して、今後も津波や災害へのリスク低減に向けたメッセージを発信していきたい」と、決意を新たにしていました。

11月7日の朝日新聞紙面でも紹介されました。下の画像をクリックすると拡大表示されます。
朝日新聞承諾番号19−4954 朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。


過去の札南ニュースをご覧になりたい場合は、こちらからどうぞ。
令和元年10月後半分
令和元年10月前半分
令和元年8〜9月分
令和元年7月分
令和元年6月分
令和元年5月分
平成31年4月分
平成31年3月分
平成31年1〜2月分
平成30年11〜12月分
平成30年10月分
平成30年9月分
平成30年7〜8月分
平成30年6月分
平成30年5月分
平成30年4月分


校舎写真

information学校情報

北海道札幌南高等学校

〒064-8611
札幌市中央区南18条西6丁目1-1
TEL.011-521-2311
FAX.011-521-2316
→アクセス